恋活するならomiaiで決まり?!恋活アプリ4社を徹底レビュー

公開日:

:
最終更新日:2019/08/16
Omiai体験談, Omiaiの仕組み, facebookで出会う基礎知識

Facebookを利用した恋活アプリって結構種類があります。

みんなが気になるのはやっぱり、どのアプリが一番出会えるのか?ですよね。

いろいろなアプリに有料会員になっている私目線で、ガチで出会える恋活アプリ4社(omiai, pairs, dmm, ゼクシィ)を比較してみました。

どのアプリが一番出会えるの??

会員数・料金・アプリの使いやすさから、どのアプリが一番出会えるのか?分かりやすく4社の違いを表にしてみました。会員数は会社が公表しているだけで実際のところはどうなんでしょうか?(2019年7月の時点)

これを元に、話を進めていきます。

1. omiai

登録者数はpairsに抜かれてしまいましたが、85万人います。(2019年7月の時点)

Yahoo!とも提携しているので、安心してアプリが利用できます。

 

このアプリは「本気で恋人を探して結婚したい」と思っている、20代後半〜30代前半の人が多いです。そのためか、特別かわいい子はそんなにいません。10段階で1〜6ぐらいの子が多いですね。完全に行き遅れた人もちらほらいます。

私の年齢は30歳を目前としていますし、自分のスペックも十分理解しています。なので、現時点ではこのomiaiが一番相性がいいです。

 

料金は他のアプリに比べて確かに高いですが、経済的には既に自立していますし、なによりこのアプリは女性ですら有料です。

それが一番印象がいいですね。他のアプリは、男性有料の女性無料なので、女性はとりあえず登録しておこうかーみたいなノリで登録しています。そんな子たちと本当に出会えると思いますか?

 

僕はそうは思わないので、現実的なところで行くとこのアプリがベストだと思います。

いまのところマッチング率は5割を超えています。

 

検索条件に居住地を東京に設定して検索した結果がこちら、2019年7月13日の時点では、44,681人の女性がいます。

これだけいれば十分マッチングの可能性がありますね。

2. pairs

omiaiと同じぐらいの時期にリリースされて登録者数も海外を合わせると150万人以上います。

 

アプリの使い勝手も4社の中で一番良く、ストレスなくサービスが利用できる点も素晴らしい。ただ、女の子は、20代がメインで確かに可愛い子はうじゃうじゃいますが、恋活というより、出会いたいだけの出会い厨が多い印象があります。

 

もちろん、そういう子はたくさんの人からいいねを貰っているので、相当なスペックの人じゃないと出会える確率は低いです。

 

真面目に恋活したい人は、このアプリはあまりお勧めできません。私も有料会員になっていますが、あまり活動がなく、マッチング率も良くないです。運営会社は、エウレカ株式会社というベンチャー企業なので、信頼度もあまりないですね。

 

検索条件に居住地を東京に設定して検索した結果がこちら、2019年7月13日の時点では、102,081人の女性がいます。

恋活アプリではダントツ1位です。

4. 恋結び(ゼクシィ)

ゼクシィがとうとう満を持して、恋活アプリビジネスに2014年の10月頃参入してきました。

 

会員数は800万人いますが、この数字はアプリを利用している数ではなく、ゼクシィのサービス登録者数が800万人ということなので、アプリの利用者数はまだリリースしたばかりで10万人にも達していません。

 

ゼクシィといえば結婚みたいなイメージで印象もよく、これからアプリの利用者も急激に伸びていくと予想できますが、現時点では利用者が少なすぎて、お話になりません。アプリの使い勝手も特段いいわけではなく、競合アプリと似たり寄ったり。

 

今の時点で恋結びを使う理由は一つもありません。

ただ、将来的に一番伸びそうなので、とりあえずアプリはインストールしておいたほうがいいかも。

 

検索条件に居住地を東京に設定して検索した結果がこちら、2019年7月13日の時点では、830人の女性がいます。

同じ料金で人数が少ないので、やはり使い物にならない。

 

 

まとめ

一番登録者数が多いのは pairs >> omiai >>>>>>> dmm >>>> ゼクシィ

特に、pairsとomiai以外は今のところ使うメリットが感じれないので、parisとomiaiは有料会員になったほうがいいですね。

現時点ではomiaiとpairsをインストールしておくのがいいです。